【講座案内】物理講座の総合案内所

入試物理の学習法について

入試物理の学習の流れは次のようになります.

① 必須知識・スキルのインプット
② 定着のための基礎トレーニング
③ アウトプット練習を通じた基礎の定着
④ 思考の整理と深い理解を目指す
⑤ 実践的な演習

次の記事において,効果的な学習法について段階的に詳しく解説しています.JUKEN7のカリキュラムを用いた具体的な学習プランを示しつつ,非受講者にも有用なヒントを提供しているので,是非ご覧ください.

共通テスト対策については,次の記事にまとめています.

「入試物理基礎標準」シリーズ

◆シリーズの特徴

《本質を学びたい受験生向け》
学習意欲の高い標準〜難関大志望の受験生に最適.物理の本質に触れつつ,確固たる基礎力を築きます.

《基礎講義+充実した演習》
正確なインプットと的確なアウトプットが可能になるよう,段階を踏んだカリキュラムになっています.

 入試物理ファンダメンタルズ(基礎講義):必須の知識・スキルをしっかりとインプット
 標準演習:知識・スキルを徹底
 典型入試演習:アウトプット練習しつつ,定着を確認
④ 理解を深めたり,弱点を補強するための集中講義や補講も充実

《知的好奇心も刺激・モチベーションを保ちやすい》
各単元の特性に応じ,物理学史や現実の応用にも触れ,知的好奇心を刺激します.物理を学ぶ楽しさ・喜びをシェアすることで,学習意欲も保ちやすいはず!

《大学入学後も役立つ!》
学習姿勢そのものが身につくため,受験を終えても役に立ちます.ただの受験対策以上の価値を提供!

◆入試物理ファンダメンタルズ (FNDs) のコンセプト

入試で必須の知識とスキルを正確にインプットするための基礎講義です.

《FNDsの特色》
* 効率を追求し,簡潔にまとめた講義で,受験生の負担を軽減.
* もちろん躓きやすいポイントは特に丁寧に説明しています.
* 説明するだけでなく,まとめも板書するので,身につけなければならないことが明確です.
* さらに例題解説もあり,「問題の解き方」を具体的に知ることができます.
* 動画完結講義なので,スマホさえあればいつでもどこでも受講可能.
* 直前期に見直すのもオススメ(映像講義の利点).

◆標準演習のコンセプト

目的に適合した問題を豊富に演習し,知識・スキルを徹底的に身につけるための演習講義です.

《標準演習の特色》
* 各単元で身につけるべき知識・スキルに特化したオリジナル問題だから,豊富な演習量と効率を両立できる.
* 演習の中で,FNDsよりさらに掘り下げた解説も行っています.

◆典型入試演習のコンセプト

標準レベルの出題を行う大学の過去問から学習効果の高い良問を精選て解説する演習講義です.実践的なアウトプット練習を積む中で,基礎の定着を確認することができます.

《問題選定の基準》
* 学習効果の高い良問
* 該当大学の過去問の中で平均的なレベルの問題
* 新奇な問題より標準的・典型的な問題を中心

◆良問の嵐について

「典型入試演習」の裏バージョンとして作成していた「良問の嵐」ですが,今後も標準レベルの良問を随時追加・入れ替えしていく形にしていきます.
受講者の方は,「典型入試演習」を終えた後の追加のオプションとしてご利用ください.

※ 「良問の嵐」に対応する部分は,製本テキストに収録されませんので,ご了承ください(問題の画像ファイルのみの提供になります).

『真の特講』

《学習意欲の高い難関大志望者向け》
難関レベルの出題をする大学(旧帝,東工,早慶,横市,慶医等)の志望者
や進学後に物理をさらに学び深める意欲のある方向け.標準レベルの出題をする大学の志望者でも,物理学に興味がある方は歓迎です.ただし,基本的な手法を一通り学んだ後の受験生であることが前提(「基礎標準」シリーズ終了が目安).

《基礎を高度に統合》
各手法(必須の知識・スキル)を再確認し,定着度を高めながら,それらを体系の中で位置付けます.解法を判断しやすく頭の中を整理するイメージ.

《思考法(=解法の判断)を理解する》
統合された基礎力の土台の上で,初見の問題の解法を論理的に選択する上の思考法を理解し,網羅します.

《思考法を網羅している必携のオリジナル教材》
入試問題の解法を選択する上で必要となる考え方を自然と網羅できるようにします(難関大受験生にとって,直前期にはこのテキストが最良の「参考書」になるでしょう).なお,問題はほとんどがオリジナルであり(一部有名問題も扱います),余計な設問を省いて,効率的・効果的に勉強が進むようにしています.また,設定や問題文を出来る限りシンプルにすることで,物理の理論そのものの理解を問い,「問題文の読解」に余計な力を割かなくてよいように配慮しています(「読解力」については,自然と身についてきたものを直前期のテスト演習で磨けば充分です).

※ 全40題の解説講義(1題1時間程度目安)と補助講義付き.

『思考力を磨く問題演習』

思考力(=初見の問題における解法の判断力)を磨くための問題演習です.『真の特講』では,オリジナル問題をメインとし,基礎を高度に整理・統合し,思考法を明確化することを目指しました.『思考力を磨く問題演習』は,実際の難関大入試問題を用いて,より実践的なアウトプット練習を行っていきます.

◎:既に視聴可能
*:近日収録予定
未定:収録するかどうかも含め未定です
* 力学・熱力学・電磁気の分野を中心に全部で最低40題を提供.
* 波動分野は,対応力を磨くための非典型問題を中心に取り上げます.
* 問題は,このページの画像ファイルをご利用下さい.
* 解答冊子はありません(電子版・製本版とも).
* 製本版テキストの作成予定はありません.
* 受講後に追加された問題の視聴に追加受講料は発生しません.
* ご納得の上での受講開始をお願いします🙇

補足:特講の過去の受講者アンケートより抜粋

『真の特講I』~力学A&熱力学A~

* 今まで受けたどんな物理の授業よりも体系的だった.
* なぜその方法がとれないのか/その方法をとるのかをしっかり説明してもらえるので,納得して進めて良かったです.
* 物理をこんなに体系的に教わったことがなかったので,この科目に大いなる希望を見出せました.
* 力学・熱のポイントが凝縮されていて素晴らしかった.束縛条件や座標系の乗り換え,仕事の怪しかったところも解消されてよかった.

『真の特講II』~電磁気A・波動論A~

* こんなに面白い電気の授業があると思わなかったです.
* どういう理由からその解法になるのかがハッキリとしました.
* 今までコンデンサーはどの参考書でも読んでも明確な理解ができたとは言いづらいと感じていましたが,今までよりも深い理解ができたと思います.
* 問題の難易度は今まで解いてきたものに比べてかなり難しく,予習では全く解けないものもありましたが,授業では基本からやるので,すぐに理解でき, あまり難しいと思わずに解けるようになりました.
* マイケルソン干渉計から重力波に至るまでの話が特に面白かったです.

『真の特講III』~力学B&熱力学B&電磁気B&波動論B~

* はじめて見るような問題が多くて楽しかったです.
* 初見の問題に対して,基本的な知識をどのように使ってアプローチすべきか,分かりやすかった.
* 入試問題の解法パターンが整理されていて,必要な定石を一気に確認することができ,頭の中がすっきりしました.
* 一年を通して,初見の問題でも条件を読み取って自分の持っている手札の中から選べば必ず解けると思えるようになりました.
* 某予備校の通年授業より,夏・冬の真の特講の方が内容が濃かった